HOME | あすなろ猫事業 | あすなろ猫事業

あすなろ猫事業

飼い主のいない猫への
不妊・去勢手術支援を行っています

令和元年度、福岡県で殺処分された猫1,463頭のうち、1,005頭は生まれて間もない子猫でした。
福岡県獣医師会では、殺処分される不幸な猫を減らすため、また飼い主のいない猫と共生を目指す地域活動を支援するため、飼い主のいない猫の不妊・去勢手術支援(あすなろ猫事業)を行っています。
平成22年度より開始し、これまで6,694頭の飼い主のいない猫へ手術を行いました。
この取り組みは単に飼い主のいない猫の増加を防ぐだけでなく、飼い主のいない猫たちが引き起こす糞尿問題を減らし、地域の環境改善や近隣住民のトラブルを軽減するなど、人と猫が暮らしやすい地域づくりも目的としています。
 

支援内容
メス1頭につき11,000円(税込)
オス1頭につき5,500円(税込)
の申込者自己負担で、飼い主のいない猫への不妊・去勢手術を行います。
※耳先カット費用を含みます。

あすなろ猫事業について

令和4年度 あすなろ猫事業概要

受付期間

一次抽選お申込

 令和4年4月15日(金)〜5月15日(日) 終了いたしました

二次抽選お申込

 令和4年9月1日(木)〜10月1日(土)

お申込期間外(5/16〜8/31)はお申込いただくことはできません。 

※スケジュールは変更になる場合がございます。

手術実施期間

一次手術

 令和4年6月1日(水)〜7月31日(日)

二次手術

 令和4年10月15日(土)〜12月15日(木)

実施頭数

400頭

支援内容

メス1頭につき11,000円(税込)、オス1頭につき5,500円(税込)の申込者自己負担で、飼い主のいない猫への不妊・去勢手術を行います。

支援対象は、お申込ののち抽選にて決定いたします。残念ながら落選となった場合は、 支援を受けることができません。ご了承ください。

※耳先カット費用を含みます。

 

支援対象

あすなろ猫事業実施地区」に棲んでいる飼い主のいない猫が対象です。

お申込方法

下記抽選お申込フォームよりお申込の後、抽選により当選者を決定いたします。

※先着受付ではありません

※お申し込みは、各期間中お一人様1頭のみ有効です。

※一次抽選に申し込まれた方も、二次抽選にお申し込みいただけます。

受付期間

一次抽選お申込 令和4年4月15日(金)〜5月15日(日)  終了いたしました

二次抽選お申込 令和4年9月1日(木)〜10月1日(土)

お申込期間外(5/16〜8/31)はお申込いただくことはできません。 

※スケジュールは変更になる場合がございます。

手術実施期間

一次手術 令和4年6月1日(水)〜7月31日(日)

二次手術 令和4年10月15日(土)〜12月15日(木)

実施頭数

400頭

支援内容

メス1頭につき11,000円(税込)、オス1頭につき5,500円(税込)の申込者自己負担で、飼い主のいない猫への不妊・去勢手術を行います。

支援対象は、お申込ののち抽選にて決定いたします。残念ながら落選となった場合は、 支援を受けることができません。ご了承ください。

※耳先カット費用を含みます。

 

支援対象

あすなろ猫事業実施地区」に棲んでいる飼い主のいない猫が対象です。

お申込方法

下記抽選お申込フォームよりお申込の後、抽選により当選者を決定いたします。

※先着受付ではありません

※お申し込みは、各期間中お一人様1頭のみ有効です。

※一次抽選に申し込まれた方も、二次抽選にお申し込みいただけます。

あすなろ猫とは?

(公社)福岡県獣医師会では「まだ地域猫の条件は満たしていないが、一定の地域に棲み餌を与えられている猫で、地域猫に昇格し、いつかは飼い猫になれるように不妊・去勢手術を施されマーキングされた猫」を「あすなろ猫」と定義します。

耳カットとは?

一度不妊手術した猫を再び捕獲しないよう、不妊・去勢手術の際に耳の先端を8〜10mm幅でV字にカットします。右耳はオス、左耳はメスを示す、世界共通の印です。
地域住民に手術済みである証明にもなり、地域猫活動などについて理解を得やすくなります。

支援の対象となる猫は?

下記「あすなろ猫事業実施地区」に棲んでいる飼い主のいない猫が対象です。

福岡地区

糸島地区(糸島市)
糟屋地区(古賀市、糟屋郡)
宗像地区(宗像市、福津市)
筑紫地区(筑紫野市、春日市、大野城市、太宰府市、那珂川市)

福岡中央地区

福岡市内(東区、博多区、中央区、南区、西区、城南区、早良区)

県北地区

遠賀・中間地区(中間市、遠賀郡)
京築・築城地区(行橋市、豊前市、京都郡、築上郡)
直鞍地区(直方市、宮若市、鞍手郡)
嘉飯地区(飯塚市、嘉麻市、嘉穂郡)
田川地区(田川市、田川郡)

県南地区

両筑地区(久留米市、小郡市、うきは市、朝倉市、朝倉郡、三井郡)
筑後地区(大牟田市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、みやま市、三潴郡、八女郡)

※外観上健康な生後6ヶ月以上の猫、ただし、飼い猫は対象外です。
※申込者(手術を受けさせようとする方)が上記地区に住所を有すること。
※申込者自身が猫を捕まえて動物病院に連れて行き、手術後は元の場所に戻すか、新しい飼い主を探すことができること。
※申込者が手術を行った猫に手術済みであることが外見から判断できる処置である、耳先カットの実施に同意すること。

手術を受けることができる動物病院

県内127の協力病院で、飼い主のいない猫への不妊・去勢手術支援を行っています。各地区の協力病院一覧よりお近くの協力病院(第一希望〜第三希望)をお選びいただき、抽選お申込フォームよりお申込ください。

※一次当選で手術上限数に達した協力病院は、二次抽選お申込の受付を行わない場合がございます。

当選〜手術実施までの流れ

当選通知の受信
当選された方へ、お申込時にご入力いただいたメールアドレスへ当選通知をお送りします。
あわせて手術を受けられる協力病院をお知らせします。

当選通知期間
一次 5月25日(水)〜30(月)
二次 10月10日(月)〜14(金)

  • ※お申込をされた方は、期間中の受信メールをご確認ください。
  • ※迷惑メール対策やドメイン指定受信等を設定されている方は、確認メールが受信できるよう、予め携帯端末に指定ドメイン【@fukuoka-neko.com】 の登録をお願い致します。
  • ※場合によっては、ご希望外の協力病院に当選する場合もあります。
  • ※落選の方への通知はございません。ご了承ください。

手術の予約
当選通知受信後一週間以内に、手術を受けられる協力病院へ電話連絡し、手術日の予約をしてください。
 

  • 手術日の予約はお早めにお願いします。手術実施期間終了間際でのご連絡の場合、手術の受付ができない場合がございます。
  • ※手術実施期間内に手術日の予約を行わなかった場合は、キャンセルとなりますのでご注意ください。
  • ※予約日までに、手術同意書をご準備ください。手術同意書には、申込者の署名・捺印と、飼い主のいない猫であることを証明する確認者2名(世帯が別の方)の署名・捺印が必要です。(同意書はこちらからダウンロード頂けます
  • ※手術料自己負担のほか、ノミダニ駆除代などがかかる場合があります。事前に獣医師にご確認ください。
  • ※予定していた猫がいなくなったなどの理由で手術をキャンセルされる場合は、協力病院までお知らせください。条件が当てはまれば、お申込時とは別の猫に手術を受けさせても構いません。
  • ※来院される場合は、事前に連絡し、本人確認の身分証をご持参ください。

予約日に、猫を連れご来院ください
予約日に、不妊・去勢を受けさせる飼い主のいない猫を連れてきてください。
オス1頭につき5,500円(税込)、メス1頭につき11,000円(税込)の手術料金自己負担金をお支払いください。
 
近年、猫から人への共通感染症として、猫ひっかき病や、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)などの感染が報告されています。特に衰弱した野良猫の場合は、SFTSに感染している可能性があります。決して無理をして保護されないようお願いいたします。
万が一、接触後に体調を崩された場合には早めに病院に行き、野外の猫との接触があった旨を医師にお伝え下さい。
 

  • 一次抽選お申込に当選された方は、一次手術実施期間内に必ず手術を受けられてください。手術を期間外に延長することはできません。猫が捕まらないなど問題が生じた場合は、当選病院にご相談ください。
  • ※初めて来院される場合は、本人確認の身分証をご持参ください。
    ※手術前に、記入済みの手術同意書を提出してください。

あすなろQ&A

こんな時どうしたらいいの?

猫の状態により、ノミダニの駆除や、入院が必要になる場合があります。 その際の費用はお申込者様の負担となります。予め獣医師にご確認ください。

手術費用の返還はありません。オス1頭につき5,500円(税込)、メス1頭につき11,000円(税込)の申込者自己負担で、飼い主のいない猫へ不妊・去勢手術を受けていただくことができます。

飼い主のいない猫であることの証明として、手術同意書を提出頂きます。
手術同意書には、お申込者様以外の確認者2名の署名・捺印が必要です。
申込者と確認者2名は、それぞれ世帯が別である必要があります。

当選・落選に関わらず、一次抽選に申し込まれた方も、二次抽選にお申込みいただけます。(ご希望の場合は、再度二次抽選にお申込フォームよりお申し込みください)

一次抽選に落選された場合、二次抽選お申込に再度お申込ください。

猫の捕獲は、お申込者様にてお願いします。猫を捕獲し、手術予約日に動物病院に連れてきてください。猫の捕獲が難しい場合は、下記「猫の捕まえ方のコツ」をご覧くださいそれでも手術日までに捕獲が難しい場合は、手術を受けられる協力病院にご相談ください。
 
近年、猫から人への共通感染症として、猫ひっかき病や、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)などの感染が報告されています。特に衰弱した野良猫の場合は、SFTSに感染している可能性があります。決して無理をして保護されないようお願いいたします。
万が一、接触後に体調を崩された場合には早めに病院に行き、野外の猫との接触があった旨を医師にお伝え下さい。
 

いつもの餌場で、いつもの時間に、いつもお世話をされている方による保護をお願いいたします。
保護の準備として、猫が暴れても壊れない丈夫な金属製ゲージ内で餌を与え、ある程度慣れさせます。
猫のお世話をされる際は、厚手の革手袋を着用し、噛んだり引っ掻かれたりされることがないよう、十分ご注意ください。
猫がある程度慣れてきたら、餌を食べている隙にゲージの入り口を閉め、そのままの状態で、手術を受けられる動物病院へ連れてきてください。
 
どうしても猫を保護することができない場合は、不妊・去勢手術を受けさせるために猫を保護したい旨、お住まいの保健福祉事務所(保健所)や市町村役場、福岡県動物愛護センターへご相談ください。
 
近年、猫から人への共通感染症として、猫ひっかき病や、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)などの感染が報告されています。特に衰弱した野良猫の場合は、SFTSに感染している可能性があります。決して無理をして保護されないようお願いいたします。
万が一、接触後に体調を崩された場合には早めに病院に行き、野外の猫との接触があった旨を医師にお伝え下さい。

手術日までに捕獲が難しい場合は、手術を受けられる協力病院にご相談ください。

条件を満たす飼い主のいない猫であれば、実際に手術を受ける猫が変わっても構いません。手術を予定していた猫が見当たらず、また他に手術を受けさせる猫がいない場合は、キャンセルの旨、手術を受けるの協力病院へお申し出ください。

条件を満たす飼い主のいない猫であれば、実際に手術を受ける猫が変わっても構いません。抽選に当選された方は、飼い主のいない猫1頭への不妊・去勢手術支援を受けられることができます。

手術後に野外に戻す場合は、必ず元居た場所に戻してあげてください。 しかし、猫が外で生活するのは大変です。可能であれば手術後は外に出さずに、新しい飼い主を見つけてあげてください。

手術同意書はこちらからダウンロードいただけます。
手術同意書のダウンロード

手術同意書には、申込者の署名・捺印と、飼い主のいない猫であることを証明する確認者2名の署名・捺印が必要です。
申込者と確認者2名は、それぞれ世帯が別の方に限ります。

福岡地区では、あすなろ猫事業の他にも、飼い主のいない猫の不妊・去勢手術を
支援する「飼い主のいない猫事業」を行っています。
詳しくは、福岡地区の福岡県獣医師会会員病院へお問い合わせ下さい。

抽選お申込フォーム

二次抽選お申込み開始 令和4年9月1日(木)
受付開始までしばらくお待ちください。
※先着順の受付ではありません

・お申込はお一人様1頭のみ有効です。
・迷惑メール対策やドメイン指定受信等を設定されている方は、確認メールが受信できるよう、予め携帯端末に指定ドメイン【@fukuoka-neko.com】 の登録をお願い致します。
・抽選の結果、ご希望の協力病院外に当選する場合もございます。ご了承ください。